いつも、あなたのそばに。 公益社団法人 成年後見センター・リーガルサポート 京都支
リーガルサポートと成年後見 京都支部の活動 メンバー紹介 お知らせ リンク アクセス&お問合せ
HOMEへ

リーガルサポートと成年後見

リーガルサポートとは

公益社団法人成年後見センターリーガルサポートは、平成11年12月に司法書士が成年後見業務に取り組むために設立した団体で、平成23年4月に公益社団法人へ移行しました。全国に50の支部があり、約7000人以上の司法書士が参加しています。司法書士は、成年後見業務について専門職としてはいち早く取り組みを開始し、その実績は、高く評価されています。
法定後見において親族以外の後見人等で、家庭裁判所にもっとも多く選任されているのは司法書士です。(最高裁の統計:http://www.courts.go.jp/about/siryo/kouken/
リーガルサポートの安心制度
リーガルサポートは、各会員の賠償保険の他、被後見人や要支援者の不利益となることがないよう金銭信託を利用した補償を用意し、万一の場合に備えています。


成年後見制度とは

成年後見制度は、判断能力が不十分な状態になっても、安心して暮らせるように法的に支援する仕組みです。これには法定後見任意後見があります。
■法定後見
判断能力が衰えた人の支援を行うもので、本人の判断できる状態に応じて申立てにより家庭裁判所が後見人・保佐人・補助人を選任します。
家庭裁判所が後見人等が適正な業務を行っているか監督をします。



■任意後見
自分自身の判断能力が衰えたときに備えて、支援してもらう内容と支援してもらえる人(任意後見人)を公正証書により契約で定めておくものです。
判断能力が衰えた時に、申立てにより家庭裁判所が後見人を監督する「任意後見監督人」を選任することで、後見人の業務が始まります。
 〜例えばこんなとき、ご相談下さい〜
■判断能力の衰え
認知症などで判断が衰えた人の福祉サービスの契約や財産の管理・処分

■契約の取り消し
不必要で高額な商品を勧められるままに買ってしまう人の契約の取り消し

■知的・精神障害
知的・精神障害を持つ人の福祉サービスの手続きや、財産の管理処分

■将来に備える
自分が認知症になったときに、代わって介護、施設入居、財産管理など必要な判断をしてくれる人を予め決めておきたい
このようなことでお困りのことがありましたら、どうぞお気軽にご相談下さい。
ページの上へ
リーガルサポート京都 TEL:075-255-2578
〒604-0973京都市中京区柳馬場通夷川上ル五丁目232番地の1 京都司法書士会館内
copyright (c) Legal support Kyoto. all rights reserved.